FXで夢のようなことを考えてみたが、現実は複雑

7月27日。現在11時33分。もう少しでお昼になりますが、お腹が空いたという感覚はありません。なのでもう少し頑張って続けられそう。豪ドル円は90.21まで高値を更新する場面がありましたが90.03まで下押ししています。強くなったと見せかけて急に弱くなって15PIPS以上下がる。90.15辺りに来たとき、5分足で何度も止められているのを確認して真剣に売りを持とうと思ったんですよ。さらに朝から弱そうに見えたことも理由の1つ。

 

だけど、陽線の力が強くて抵抗線を破りそうな感覚がしたので躊躇しました。それで売っておけばよかったと後悔するのかなと思ったら、5PIPSも逆行しています。レンジ相場で許せる逆行は5PIPS程なので売らなくて正解。最初はそう思ったけど、後から下がって90.03まで行った姿を見たとき、売っていたらもう今日はトレードしなくてもよくなっていたのにと思いました。私は1日に10PIPSも獲得できれば満足です。相場は1日にどれくらい動いていると思いますか?細かい動きを合わせると500PIPS程もあると言われています。

 

1000通貨でその波を丸ごと頂いたとしたら5000円ですよ。夢の話ですが1万通貨だったら5万円ですよ。確実にあり得ない話だけど、それくらいのスピードで資金が増えたらFXで夢の生活を手に入れるのは1年あれば十分でしょう。捕らぬ狸の皮算用ですが、想像するだけでわくわくします。1日に500PIPSの小さな波がある事を考えると10PIPSぐらい取れてもおかしくない気がするんだけど、それが難しいのがFXなんですよ。ものすごく単純に考えるけど、現実はものすごく複雑。10PIPSが私にとっての高い壁です。

 

それを凄腕トレーダーは、いとも簡単に超えていくのでしょう。私はせめて普通のトレードが出来るようになりたいよ。FXといっても自分で売買する裁量とシステムがやってくれる自動があります。自動売買はEAと言われるソフトがあり、勝手に売買をして成績を上げてくれるのです。優れものだと人気があるけど、私は裁量売買のほうが安心です。