FXはもしもの元本割れがありうるリスク取引

FXで投資金額が増えて安心していると、連続して負けこみ、そこで追加したのが、ハイリターンハイリスクの一撃です。しかし、この一撃で撃沈、ついには元本に戻って下回っていました。その後、限界がきたため損切り、ポジションの取り直しをしたところ、これがヒット、元本を上回って利益のほうへ復活しました。もし、ポジションを取り直したところで負けていたら、すでにFXでけっこうな負けを記録して市場から退場していたところです。しかし、かろうじて残ることになりました。このとき市場に残れたのはFXの予備知識があったためで、何も知らずにポジションを保有していたらたぶん退場していたに違いないことです。

 

ハイリスクハイリターンは資産を大幅に減らすか、取り戻すかというバクチ的な一面がありますが、取り戻せばいったん安心です。それ以降は、ハイリスクハイリターンを使うときは慎重に判断します。今後使わないというのではなく、使いどころをわきまえた投資が必要です。一歩間違えると、破綻してしまいかねないからです。日本のFX業者のレバレッジはまだましで、海外のFX業者を使うとレバレッジが大きいために資産が0になるか、あるいは資産が3倍になるかがあっという間に結果が出ます。3万円でも、ちょっとかけるだけで、0円になるか、9万円になるか、のどちらかにぶれます。0円なら食事すらできませんが、9万円なら6万円引き出してそれをレジャーに使えて、なお3万円残せます。

 

安全性を取るならレバレッジに制限を設けて取引することが大切になってきます。何百倍にもすると、1000万円であっても1日でとかしてしまうほど強烈な増減になります。1000万円というと、コツコツ働いて貯めてきたお金になると思いますが、それがちょっとした油断で1万円になっているということになれば翌日から生活していくお金と気力が失せてしまいます。安易に取引するような娯楽として考えるのではなく、リスク取引と考えるべきです。