決済のタイミングを正しく判断してこそ一流のFXトレーダー

FXの決済は、最初に決済するかどうか迷った瞬間にできるかどうかが大きな分かれ目になります。決済のタイミングはとても難しいものですが、だからこそ慎重になりやすいです。そして、慎重になっていると損失確定の決済はし辛くなるものです。誰でも「これで損失確定」と決まっている決済は、気が進まなくて当然です。損はしたくないわけですし、待っていれば反転する可能性もあります。この反転する可能性というのがやっかいで、そこに希望を持ってしまうとなかなか決済ができないです。

 

そして、最初の決済のタイミングでこれをスルーしてしまうと、後々も決心が鈍ります。本当に反転してボーダーラインを越え、そのまま利益確定までいけば良いのですが、そうそう上手く運ぶことはあまりありません。結局はジリ貧でどんどん下がっていってしまうと、今度はそれなら最初のタイミングで決済しておけば良かったと後悔してしまい、さらに決済ができなくなってしまうのです。そうすると、最終的にロスカットされてしまって大損するということも少なくないです。

 

初心者だとその経験がまだ浅いため、どうしても希望的観測にとらわれやすいです。ただ、その希望的観測が裏目に出てしまうとダメージが大きく、早めの決済をして小さな損で済ませるということはFXにおいてとても重要なことです。それをするためにはグレーゾーンを良しとせず白黒はっきりつける思い切りの良さが必要になってきます。それは性格も関わらず部分なので誰しもが簡単にできることではありませんが、FXの売買において大きな影響があるとなれば無視できないです。

 

そのタイミングを上手にするためにはとにかく経験を積んでいくしかなく、その過程で損失を経験することはしかたのないことなのかもしれません。それはFXで成功するために必要な考え方ですからぜひとも忘れないでいなければなりませんし、決済のタイミングを正しく判断してこそ一流のトレーダーです。